Blog

ずれずれブログ

孤独の対義語はない

せっかくブログを生き返らせたので
SNSで書かないようなことを書いたりも
たまにはしてみようと思います。

新曲が出来ました。
孤独についての曲です。

孤独はネガティブなもの
というイメージが強い気がしますが、
自分自身の孤独と向き合うことは
実はすごく大事なんじゃないかと思う。

人は必ず何らかの他の存在と
関わりあっているわけですが
何もかもを共有できるわけじゃなくて。

最近よく聞く気がする
「同調圧力」ってわけじゃなくても

例えば
わたしは高校生くらいまでリボンの可愛さ
というのがピンときませんでした。
友達が可愛い!というのがわからなくて、
何となくウンウンうなづいてました。
寂しかった。

小さい頃、女の子の服や下着には
リボンがついてるのが気に入らなかった。
親にリボンがついてるのが嫌だ、と言っても
わからないだろうな、と思ってました。
普通に大体ついてるし、
そういうもんだと諦めることにしました。
どうしても嫌な時ははさみで切ってました。

そういった小さいことも
あれはひとつの孤独だったと思う。

人それぞれ大なり小なり
それぞれの孤独を抱えている。
どうして?って悩む原因にも
なるかもしれません。

でも、その孤独こそが
自分を自分として形作る素
なのではないかしら。

孤独を切り取らなければならない
なんてことはない。

また、他人の孤独を侵してはいけない。

理解するのと寄り添うのは別のこと。

ちなみに高卒くらいから
突如リボンの可愛さに開眼しました。
とても可愛く思います。
不思議。

春、環境が変わることも多い季節。
流行りの病で世の中ぎすぎすしてたりしますが
とにかく
手洗いうがい!だーー!!

2020年03月16日
» 続きを読む